2012(平成24)年度手話通訳者全国統一試験「手話の要約試験 解答例」

2012(平成24)年度手話通訳者全国統一試験「手話の要約試験 解答例」

(1)私の趣味はデジタルカメラです。父がカメラで撮っている様子を見て、14歳の時から私も撮り始める。昔は、デジタルカメラ、パソコンはなく、子供の成長記録を
アルバムで見ることが楽しみだが、増えてジャマになった。今は、パソコンで見ることができ便利である。ろうあ者大会や、手話サークルの旅行の時、かくし撮りをした写真などをサークル活動紹介のポスターに使用し、一特賞をとったことがありうれしかった。
全日ろう連の女性部から、写真の依頼があり送った。編集された冊子が送られてきて見たときはとてもうれしかった。それは私の宝物で大切にしまってある。デジカメのおかげで、全国に友人ができ、年をとっても撮り続けたいと思う。

(2)私の趣味はデジタルカメラで写真を撮ること。14歳の時、父が撮っているのをみて始めた。その頃はデジカメやパソコンが普及する前で、子供成長アルバムなど作っていたが、数が増えじゃまになり、デジカメのデータをパソコンで見るようになった。全国大会やサークルの一泊旅行も写した。文化祭でサークル活動紹介に、旅行で疲れたみんなの写真を展示すると、みんなには「恥ずかしいからやめて」と言われたが、審査会で一位をとった。うれしかった。全日ろう連女性部から写真を送ってと言われ、送った。できあがった記念誌を見るとたくさんの写真が載っていてうれしかった。宝物だ。写真を始めて全国に友達ができ、活動も拡がった。これからも撮り続けたい。

(3)私の趣味はデジタルカメラです。きっかけは父が撮影しているのを見てあこがれ、14歳の時に撮り始めました。昔はデジタルカメラやパソコンも普及してなったので普通のカメラで子どもの成長記録を撮りアルバムに貼り、見て楽しんでいたがアルバムが増えるいっぽう。デジタルカメラはデータをパソコンに移し楽しめます。全国大会に出向き写真を撮りためている。サークルの一泊旅行の帰り、疲れている所をかくしどりし、後の文化祭活動発表時にはり出した。審査され一等賞をもらった。全日本ろうあ連盟女性部からも写真がほしいと言われ送った。届いた冊子にのっててうれしかった。私の宝物です。全国に友達も増え活動も広がりました。年をとっても撮り続けたいと思っています。

(4)私の趣味はデジタルカメラでの撮影です。父がカメラで写真を取っていたのに興味を持ち14歳から始めています。子どもの誕生からアルバムにのせて増えてかさばり困っていましたが、デジタルカメラはデータをパソコンにバックアップできるので便利です。全国大会や手話サークルの一泊旅行で帰り皆が疲れて寝ている姿をかくしどりして、文化祭の時に手話サークルの紹介として出品し、審査委員より一等賞を頂きうれしかった。また、全日本ろうあ連盟女性部の冊子を作成するのに写真の提出依頼があり、送付し完成した物が郵送され、自分の写真が多くのっているのを見て、嬉しく大事な宝物として保管している。全国に友達も増え、視野も広がり、年をとってもデジタルカメラの撮影を続けていきたい。

(5)私の趣味はデジタルカメラです。きっかけは14歳の時父がカメラを持っているのを見たからだ。昔はデジタルカメラやパソコンが普及しておらず、普通のカメラではアルバムが増え邪魔になっていた。今はデジタルカメラのデータをパソコンで見て楽しんでいる。ろうあ者大会の活動を写真にとったり、手話サークルの一泊旅行の時には、皆が寝ている写真をかくしどりし、文化祭の活動紹介で写真を貼ったりした。全日本ろうあ連盟女性部の活動を写真にとって送ってほしいと言われた時も、活動報告に私のとった写真が使われていてうれしかった。大事な宝となった。カメラによって全国に友達ができ、活動も広がった。これから年をとってもデジタルカメラを続けたい。

スポンサードリンク