2010(平成22)年度手話通訳者全国統一試験場面通訳試験問題

2010(平成22)年度手話通訳者全国統一試験

場面通訳試験問題

場面:市民相談
登場人物:ろう者(橋本さん)、相談員(阿部さん)

ろう者:こんにちは。私はろうあ者ですので手話通訳と一緒に来ました。よろしくお願いします。

相談員:こんにちは、相談担当の阿部と申します。お名前をお願いします。

ろう者:私は橋本と言います。どこに相談したら良いかわからないのでとりあえず市民相談室に来ました。

相談員:わかりました。ご相談の内容は何でしょうか。

ろう者:私はアパートの2階に住んでいます。3日前に自分の不注意で水漏れを起こし、翌朝、1階から苦情が来てあわてています。

相談員:水漏れの状況を説明してください。

ろう者:私は風呂の蛇口をあけたまま忘れてしまい、風呂の水があふれ、あわてて蛇口をしめたのですが、1階まで流れていたのです。

相談員:そうですか。大変でしたね。1階の方の苦情はどんな内容でしたか。

ろう者:パソコンとテレビがびしょびしょで弁償しろと言われています。

相談員:いくらぐらいと言われましたか。

ろう者:15万円、弁償しろと言われて困っています。

相談員:15万円ですか。あなたは被害の状況を確認されましたか。

ろう者:まだ、確認していません。

相談員:そうですか。アパートの大家さんには連絡されましたか。

ろう者:えっ、連絡が必要なのですか。

相談員:そうですね。大家さんに被害状況の確認をお願いされてはどうですか。

ろう者:実はアパートの大家さんはFAXを持っていないので連絡ができないのです。

相談員:では、こちらから大家さんに連絡を取って、改めて橋本さんにご連絡します。

ろう者:連絡を待っています。よろしくお願いします。

相談員:わかりました。お疲れ様でした。

スポンサードリンク